巨人 原監督続投 山口オーナー明言「3年の契約ですからね」

[ 2019年9月19日 05:30 ]

オーナー会議に臨む巨人・山口オーナー(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 巨人・山口寿一オーナー(62)が18日、来季3年契約の2年目となる原辰徳監督(61)の続投を明言した。都内で開かれたオーナー会議出席後に「大変よくやってくれている。好調な選手をうまく使って、チーム全体を活気づけてくれたと思います」と高評価。来季について「3年の契約ですからね。それは契約通り」と引き続き指揮を執ることを明言した。

 今季4年ぶり3度目の監督に復帰し、チームは5年ぶりのリーグ優勝を目前にしている。原監督個人としては7月30日の広島戦で、プロ野球史上13人目の監督通算1000勝を達成。球団では史上3人目の快挙で、来季は川上哲治氏の球団最多1066勝、同2位の長嶋茂雄氏の1034勝を視界に捉える。

 山口オーナーは「非常にいい用兵、采配を見せてくれてきた。坂本、丸を良い打順で組み合わせて、引っ張ってきた」と采配を称えた。また、ポストシーズンへ向けては「菅野もCSには帰ってきてくれると信じています」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月19日のニュース