巨人 M4で足踏み 高橋6回まで無安打投球も逆転負け

[ 2019年9月19日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―3中日 ( 2019年9月18日    ナゴヤD )

7回裏1死二、三塁で降板となりマウンドで汗を拭う高橋(中)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人は5年ぶりリーグ制覇間近も、逆転負けで優勝マジックは4で足踏み。原監督は「ちょっと打線が湿ってるね。もう少し活発にいかないと。吉村(打撃)総合コーチによろしくお願いしますと言っておいて」と厳しく言った。相手の3安打を上回る9安打も、10残塁で2試合連続1得点に終わった。

 下半身の張りを抱える坂本勇に代わり、田中俊が「2番」で出場。大城、重信、山本と若手がスタメンに名を連ねた。5回2死二塁から田中俊は中前に先制の適時打。大城は2安打で、重信、山本も1安打した。それでも吉村コーチは「もう少し点を取らないと。また奮起する」とさらなる成長を求めた。

 移動日だった17日。指揮官は、MGCで2位で東京五輪切符をつかんだ服部勇馬(トヨタ自動車)との秘話を明かした。友人を介して親交が始まり、「苦しい時はこれを見てほしい」と自身のバットを贈っていたという。自身は「一歩一歩」と、リーグ優勝のゴールテープを目指す。

 ドラフト1位・高橋の好投は明るい材料といえる。初回先頭の平田の左翼への飛球がリプレー検証で三塁打からファウルに覆ると6回まで無安打投球。1点リードの7回に2連打を浴び降板し、救援の大竹、田口がリードを守れず、高橋は敗戦投手にはなったが「勝ちを意識してマウンドに上がって、ああいう投球ができたのは良かった」と手応えを口にした。菅野が腰痛で離脱する中、ポストシーズンで山口、桜井に次ぐ戦力として計算は立った。

 最短Vは20日で変わらない。一戦必勝の姿勢で臨むだけだ。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月19日のニュース