ソフトB 3連敗で崖っぷち 6回途中5失点の高橋礼「大事な試合を壊してしまって…」

[ 2019年9月19日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―6楽天 ( 2019年9月18日    ヤフオクD )

<ソ・楽>4回2死、藤田の打球を追う高橋礼(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

  ショックを隠せなかった。ソフトバンクは楽天に敗れ、首位・西武とのゲーム差が2に広がった。工藤監督は「みんな一生懸命やった結果。受け止めて日々、切り替えていく」と声を絞り出した。

 先発の高橋礼は、初回に2点を失ったが2回以降は無失点で踏ん張った。だが、2―2の6回に先頭のブラッシュに四球を与え、銀次には左前打。藤田の場面で、一塁手・内川が猛チャージをかけるバントシフトを敷いたが、バスターで右前に運ばれ、勝ち越し点が入った。指揮官は「あそこは鍵になる回かなと思って、勝負をしないといけないという決断をして、シフトを敷いた」と振り返った。

 高橋礼は5回1/3を投げ、6安打4四球5失点。5敗目を喫し「リズムが悪い投球になってしまった。チームに流れを持ってくる投球ができなかった。勝負どころで甘くなってしまうのは自分の弱い部分だと思う。大事な試合を壊してしまい申し訳ない」と肩を落とした。王貞治球団会長は「疲れもあるんだろうけど、そこを何とかね」と奮起を促した。

 優勝争いがヤマ場に入る中、手痛い3連敗。投手陣はこの3試合で全て2桁安打を浴び、計37安打で20失点。守備からリズムをつくり、攻撃につなげることができていない。この日は3者凡退はわずか1度。6投手が与えた6四球が響いた。

 打線は2点を先制された直後の初回に3安打と敵失で2点を奪ったが、2回以降は沈黙。4回無死二塁機では、送りバントを試みた甲斐が2度、ファウル。強攻策に切り替えて遊ゴロで走者を進められず、後続も倒れた。

 西武の優勝マジックは6となり、残り8試合。厳しい状況に追い込まれた工藤監督は「(ヤフオク)ドームで3試合ある。いい試合ができるように頑張ります」と自らに言い聞かせるように、会見を締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月19日のニュース