マエケン 2年ぶり10勝も複雑 イニングまたぎで痛打され3失点「切り替えてやるしかない」

[ 2019年9月19日 02:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース7―5レッズ ( 2019年9月17日    ロサンゼルス )

<ドジャース・レイズ>2年ぶりに10勝目を挙げた前田(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田は同点の7回2死無走者に7番手で登板し、左飛に抑えた。その裏にチームが一挙5点を勝ち越し。ただイニングをまたいだ8回は連打で1点を失い、2死から代打アギラに2ランを浴びて降板した。

 結局1回を3安打3失点ながら、2年ぶりの2桁となる10勝目(8敗)。それでも「関係ないと言えば関係ない。また切り替えてやるしかない」と手放しでは喜べない様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月19日のニュース