西武、リーグ2連覇へ優勝マジック「5」 十亀は約2カ月ぶりの今季5勝目

[ 2019年9月19日 21:33 ]

パ・リーグ   西武2―0日本ハム ( 2019年9月19日    メットライフD )

力投する十亀(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は4投手で無失点リレーを完成させ2連勝。2位のソフトバンクがオリックスに勝利したため、優勝マジックを一つ減らして「5」とした。

 先発の十亀は7回0/3、82球を投げて、4安打無失点で7月16日以来約2カ月ぶりの今季5勝目。十亀が降板後は、小川、平井と無失点継投。9回は増田が三者凡退に抑えて今季29セーブ目をマークした。

 打線は、初回無死一、三塁で森の中前適時打で先制。6回1死一塁で栗山の左中間への適時二塁打を放つと一塁走者の山川が激走して本塁に生還し、リードを2点に広げた。

 日本ハムは4安打で抑えられて今季12度目の零敗。先発のロドリゲスが6回101球を投げて、6安打2失点で今季7敗目。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月19日のニュース