侍 稲葉監督 欧州・アフリカ予選視察へ オランダ&イタリア警戒

[ 2019年9月19日 05:30 ]

東京五輪の欧州・アフリカ予選視察のためイタリアへ出発した侍ジャパンの稲葉監督
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)は18日、東京五輪の欧州・アフリカ予選視察のために成田空港からイタリアへ出発した。6チームで争う東京五輪の、日本に続く出場国が決まる。「オランダ、イタリアが中心になると思う」と有力国を中心に4~5試合ほど建山投手コーチ、井端内野守備走塁コーチらと確認していく。

 予選には出場しないが、オランダは本番になればヤクルト・バレンティン、ソフトバンク・バンデンハークらの合流が濃厚。イタリアは元オリックスのマエストリがプレーする。「選手は変わるかもしれないが、采配やチームの特徴は把握できる」と細部に目を光らせる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月19日のニュース