中大 開幕4連勝!侍ジャパン大学代表・牧が3安打4打点

[ 2019年9月19日 20:43 ]

東都大学リーグ第2週第2日   中大8―6駒大 ( 2019年9月19日    神宮 )

中大の牧
Photo By スポニチ

 中大が駒大に8―6で逆転勝ちし、00年春以来の開幕4連勝を飾った。今春の首位打者で侍ジャパン大学代表の4番を務めた牧秀悟内野手(3年)が3安打4打点の活躍で、チームも04年秋以来、15年ぶりのリーグVへ勝ち点を2とした。

 快勝を喜ぶ輪の中心に牧がいた。初回、3回に2打席連続で左翼適時二塁打すると、5回にも左前適時打で計4打点。初回に3点の先制を許しながらの逆転勝ちに「前の試合(17日)は4安打だけで投手に勝たせてもらった。だから野手で勝ちたかった」と笑った。

 8月26日の高校日本代表との侍ジャパン壮行試合では大学日本代表の4番に入り、左越えソロなど2打点を挙げた。「柳町さん(達=慶大)にいろいろ聞いて自信になった」。初球や追い込まれた際の心構えなどを東京六大学史上33人目の通算100安打打者から授かった。チームは開幕4連勝。次戦は18日後の10月8日、勝ち点同士となる国学院大と対戦する。「いい形で勝ち点を取れた。間隔はあくけど、しっかり調整して、優勝につなげていきたい」と先を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月19日のニュース