ダル、13日パドレス戦先発へ調整 入念にフォーム確認

[ 2019年9月12日 16:22 ]

カブスのダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(33)は11日(日本時間12日)、登板が翌日に迫る12日(同13日午前4時40分開始)の敵地でのパドレス戦先発に向け最終調整した。

 15分と長めのキャッチボールのあと、誰もいないブルペンに一人で入り、シートを外してシャドーピッチングを10分間行った。そのあと外野のフィールドで壁に向かってもう一度5球投げている。

 9日のブルペン投球に納得がいかなかったようで、前日10日にはブルペンのマウンドで投球フォームの確認を行っていた。「昨日のブルペンでフォームがしっくりこなかった。でも今日、いい感じをつかめました」と話していた。

 今季はここまで28先発で5勝6敗、防御率4・12。

 前回7日のブルワーズ戦は、5回3安打無失点、7三振1四球で勝敗は付かなかった。右前腕の張りからの復帰登板で心配されたが、今回は万全の体調で試合に臨む。敵地ペトコ・パークでは過去2試合先発して、1勝1敗、防御率5・73の成績を残している。(サンディエゴ・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月12日のニュース