巨人 6度目“マルオカ”アベック弾で4回に3点追加 2者連続アーチは162日ぶり2度目

[ 2019年9月12日 20:00 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2019年9月12日    横浜 )

<D・巨>4回1死、左越えソロを放った岡本を迎える丸(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人が今季6度目の“マルオカ”アベック弾で4回に3点を追加。6―1と5点リードを奪った。

 3―1で迎えた4回、1死一塁で3番・丸がDeNA2番手・武藤の投じた2ストライクからの3球目、真ん中高め直球を右翼スタンドへ叩き込む25号2ランとすると、続く4番・岡本は同じく武藤が投じた1ストライクからの2球目、内角寄りのカーブを今度は左翼スタンドへ29号ソロ弾を放り込んだ。

 丸&岡本のアベック弾は8月29日の広島戦(東京D)以来今季6度目。2者連続アーチは4月3日の阪神戦(東京D)以来162日ぶり2度目となった。なお、これまでは東京ドーム4試合、札幌ドーム1試合。6度目にして初めてマークしたドーム球場以外でのマルオカ”アベック弾となった。

 ▼巨人・丸 打ったのはまっすぐ。すごいいい感触で打てました。完璧でした。いい追加点になりました。

 ▼巨人・岡本 打ったのはスライダー。前の打席でお手本のようなバッティングを丸さんが見せてくれたのでいいイメージで打席に入れました。いいホームランが打てましたね!

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月12日のニュース