DeNA・宮崎 1カ月1軍復帰即「6番・三塁」でスタメン「チームのプラスになれれば」

[ 2019年9月12日 17:15 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2019年9月12日    横浜 )

<D・巨>ウオーミングアップする宮崎(左)と伊藤光(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 左手有鉤(ゆうこう)骨骨折で8月8日に出場選手登録を外れていた宮崎が、約1カ月ぶりに1軍復帰。「6番・三塁」で先発メンバーに名を連ねた。

 8月9日に有鉤骨摘出手術を行いリハビリ生活を経て、9月10日のイースタン・リーグ西武戦で実戦復帰。2打席目で本塁打を放っていた。ラミレス監督は「予想よりだいぶ早く帰ってこられた。チームに貢献したい気持ちを持っているだろう」と復帰を喜んだ。

 試合前練習を終えた宮崎は「焦らず、しっかり準備してきた。少しでもチームのプラスになれれば」と意気込みを口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月12日のニュース