駒大・上野、待望初白星 自己最速149キロ計測「どれだけチームに貢献できるか」

[ 2019年9月12日 05:30 ]

東都大学野球秋季リーグ戦2回戦   駒大9―4国学院大 ( 2019年9月11日    神宮 )

<駒大・国学院大>駒大3番手で登板した上野(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 6回から3番手で登板した駒大の上野が4回無失点でリーグ戦初勝利。1勝1敗のタイに導いた。「短いイニングだからこそ全力を出そうと思った」。

 中京大中京3年で高校日本代表入りし、大きな期待を背負ったが、入学直後の故障などで白星が遠かった。この日は自己最速を4キロ更新する149キロも計測。待望の初白星にも「個人的な結果は考えない。どれだけチームに貢献できるか」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月12日のニュース