AKIRA初戦突破 深川が感謝の完封「楽な気持ちで」 蒼龍旗争奪野球

[ 2019年9月12日 05:30 ]

スポニチ後援蒼龍旗争奪野球 1回戦   AKIRA3-0TDK・甲府工場 ( 2019年9月11日    東京ドーム )

 1回戦2試合が行われた。AKIRAは深川昌利投手(26)が完封し、初戦を突破した。クボタ・宇都宮工場は打線がつながり、12安打11点で大勝。準々決勝に駒を進めた。

 26歳の右腕・深川が8回6安打で完封し、初戦突破に導いた。再三のピンチを背負いながら粘り強く投げ「回を重ねるごとに低めにボールを集められた。先制点をもらえたので楽な気持ちで投げられた」と野手への感謝も忘れなかった。中畑瑛寛監督も「深川がよく投げてくれた。踏ん張ってくれた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月12日のニュース