西武・森、6年目で念願の月間MVP初受賞「プロ野球人生で一度は獲りたいと思っていた」

[ 2019年9月12日 05:30 ]

西武・森
Photo By スポニチ

 セ、パ両リーグは11日、8月の「大樹生命月間MVP賞」を発表した。セ投手部門はヤクルトのデービッド・ブキャナン投手(30)、打者部門は広島・西川龍馬外野手(24)が受賞。パは楽天のアラン・ブセニッツ投手(29)、西武・森友哉捕手(24)が選ばれた。4選手ともに初受賞。大樹生命保険株式会社から賞金30万円などが贈られる。

 6年目で初受賞となった森は「プロ野球人生で一度は獲りたいと思っていた」と喜んだ。8月は40安打、10本塁打、30打点などリーグトップ。首位打者の座もキープしているが「毎試合びくびくしながら(トップを争うオリックスの)吉田(正)さんの成績を見て、しっかり落ち込んで…。プレッシャーしかない」と笑った。連覇を目指す西武の扇の要。「ここまでいい形で来た。2年連続優勝を目指す」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月12日のニュース