ロッテ大地、2日連続の劇打ならず「悔しい気持ちしかない」

[ 2019年6月18日 05:30 ]

交流戦   ロッテ4―5中日 ( 2019年6月17日    ZOZOマリン )

9回2死一、三塁、鈴木が空振り三振に倒れゲームセット(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテは2日連続の劇打は出なかった。4―5の9回2死一、三塁。前日に逆転サヨナラ打を放った鈴木が打席に入ったが、R・マルティネスのフォークに空振り三振を喫して敗れた。

 今季初の3番起用も無安打に終わり「昨日と同じ気持ちで行ったけど、打てずに悔しい気持ちしかない。また明日試合があるので切り替えたい」。球団ワーストとなる交流戦4カード連続負け越しと、流れに乗れないままだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月18日のニュース