81年優勝時主将 阪神・平田2軍監督も明大V感慨「思い出す」

[ 2019年6月18日 05:30 ]

第68回全日本大学野球選手権最終日   明大6-1佛教大 ( 2019年6月17日    神宮 )

<仏教大・明大>優勝し、記念撮影する明大ナイン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 81年優勝時に主将を務めた阪神の平田2軍監督は「38年前を思い出すね。島岡御大を絶対に胴上げするんやってみんな燃えてたのをね」と感慨深げだった。

 自宅でテレビ観戦。部屋には同じ明大OBで先輩の故星野仙一氏の写真が飾ってあり「“38年間何やってたんや!”って言いたげだったけどね」と苦笑いし「ラグビー部が日本一になって(さらに)母校が盛り上がるとうれしい」と喜んだ。善波監督は3年後輩。「ちょっと、島岡吉郎に風貌が似てきたんじゃないの」と御大を重ならせて称えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月18日のニュース