ソフトB・松田宣、2打席連続本塁打でつば九郎に宣戦布告!

[ 2019年6月18日 19:02 ]

交流戦   ソフトバンク―ヤクルト ( 2019年6月18日    神宮 )

<ヤ・ソ>2回1死、松田は先制ソロを放ちスタンドに向かって熱男~!(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 神宮球場に“熱男”が響いた。ソフトバンクの松田は2回1死、ヤクルト・原の1ボールからの2球目を捉えた。打球は右翼席に一直線。15号ソロで先制した。

 「しっかり芯で強く打てた。この神宮球場でホームランを打つことができて、とても嬉しいし、先制点を取れて良かった」

 試合前に、つば九郎から「まっちへ きょうから3かかんは『あつお~』きんし」「まもれなかったら おしり ぺんぺんです」と挑発されていたが、早くもアーチが飛び出した。

 1―1の4回1死一塁では、2打席連続の16号2ランで勝ち越した。

 亜大時代も汗を流した同球場。松田宣はプロ入り後、11年から3年連続でホームランを記録しており、16年、そして昨年もアーチを放っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月18日のニュース