DeNA・平良、今季初勝利が自身交流戦初勝利!「低めにボールが集められたのが良かった」

[ 2019年6月18日 21:06 ]

交流戦   DeNA3―0日本ハム ( 2019年6月18日    横浜 )

ヒーローインタビューを終えた平良(右)とソト(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA先発の平良が6回2/3、102球を投げて、3安打無失点の好投で、今季初勝利をマーク。また、自身交流戦初勝利となった。

 平良はお立ち台で開口一番「ホッとしてます」と安堵の表情を見せた。

 横浜で行われる交流戦ラスト6連戦の初戦での登板で「少し緊張しました」と語り、自身の投球については「最初ボールを操れてなかったんですけど、守備の皆さんに助けられながらリズムよく投げることが出来ました。低めにボールが集められたのも良かったと思います」と振り返った。

 アウトのほとんどがゴロアウトだったことについては「(伊藤)光さんと話しながら自分の持ち味を出せたかなと思います」と女房役の伊藤に感謝した。

 最後に「これからもっと頑張って、また勝てるように頑張りたいと思います」と今後に向けて気合を入れた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月18日のニュース