日本ハム・吉田輝 巨人・阿部からサイン頼まれたこと明かす「息子さんが…」 五輪への思いも口に

[ 2019年6月18日 19:17 ]

キャッチボールをする吉田輝
Photo By スポニチ

 23日の中日戦でプロ2度目の登板が有力となっている日本ハム・吉田輝星投手(18)が18日、DeNA戦の試合前にブルペンでホームベース上に捕手を座らせる「ショートピッチング」を行い、30球を投げた。

 初勝利を挙げた12日の広島戦から疲れも取れており「初登板の時よりも直球の感触はいい」と状態の良さを強調した。また、横浜スタジアムは東京五輪の野球競技の会場でもあり「初めて入ったので新鮮だった。(五輪は)滅多にない大会なので、特別な感じはする。五輪に出られるのはいいこと」と五輪への思いも口にした。

 前カードの巨人戦では、巨人・阿部からサインを頼まれたことも明かし「(阿部の)息子さんがサインをほしいと言っていたそうなので。グッズにサインしました」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月18日のニュース