阪神 大山と浅村が交錯、倒れ込むアクシデント

[ 2019年6月18日 18:28 ]

交流戦   阪神―楽天 ( 2019年6月18日    倉敷 )

<神・楽>1回2死一、二塁、マルテの左前打で一塁走者・大山と二塁手・浅村が衝突(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は初回2死一、二塁から3試合ぶりにスタメン復帰したマルテが左前適時打を放ち、先制したが、一塁走者の大山が二を回ったところで挟まれた。

 楽天の三塁手・ウィーラーが二塁手の浅村に送球した際に大山と浅村が接触。お互いすぐには起き上がることができず、その間に大山はタッチアウトに。

 トレーナーが駆け寄り状態が心配されたが、両者大事には至らず、試合出場を続けた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月18日のニュース