日本ハム上沢、好投で勢いつける「チームのためにしっかり投げたい」

[ 2019年6月18日 05:30 ]

日本ハム・上沢
Photo By スポニチ

 DeNA戦初戦の先発マウンドに上がる日本ハム・上沢が、チームを勢いに乗せる好投を誓った。

 「6連戦の最初の試合なので、1イニングでも1人でも多く投げたい。チームのためにしっかり投げたい」

 昨季はチームトップの11勝をマーク。実績を買われて今季は自身初となる開幕投手も務めたが、フォームが固まらず4月下旬には出場選手登録を外れて2軍で「ミニキャンプ」も行った。最短の10日で1軍に戻り、5月中旬以降の過去5試合は3勝1敗、防御率2.67。勝てば自身3連勝となる6勝目となる。

 現在、チームは貯金6でソフトバンクと並ぶ2位タイ。首位の楽天と0.5ゲーム差につけている。「(DeNA打線には)一発を打てたり、足が速かったり、いろんなタイプの選手がいる。かき回されないようにしたい」と上沢。リーグ単独トップの8勝を挙げる有原とともに勝ち星を積み上げていく。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月18日のニュース