DeNA・平良、交流戦&今季初勝利!6回途中3安打無失点

[ 2019年6月18日 20:30 ]

交流戦   DeNA3―0日本ハム ( 2019年6月18日    横浜 )

先発・平良(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNA先発の平良が6回2/3、102球を投げて、3安打無失点の好投で、今季初勝利をマーク。また、自身交流戦初勝利となった。

 平良が降板後はエスコバー、パットンと無失点で抑えて最後は山崎が9回をしっかり抑えて今季14セーブ目をマークした。

 打線は3回まで日本ハム・先発の上沢に無安打で抑えられていたが、4回にソトの20号ソロで先制に成功。7回に2死一、二塁で大和のセンターフェンス直撃の適時二塁打で2点を加えた。

 日本ハムは、5回まで2安打1失点と好投していた先発の上沢が6回、ソトの打球が左膝に直撃するアクシデントにより降板。7回から2番手で登板した公文が1回を投げで2失点。打線もDeNA投手陣に4安打に抑えられてチームは3連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月18日のニュース