阪神・藤浪、2軍で4度目実戦登板 1軍昇格へ焦らず「納得いく投球を」

[ 2019年6月18日 07:50 ]

阪神・藤浪(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 阪神・藤浪が18日のウエスタン・リーグ広島戦に先発する。4度目の実戦登板に向け「イニングも伸びるでしょうし、組み立てだったり。自分の納得いく投球を出せたら」とテーマを掲げた。

 前回11日の同オリックス戦では5回1安打無失点で157キロを計測。段階を踏んで状態を上げており「継続と課題とする部分、いろいろある」とさらに精度を高めた内容を目指す。

 結果次第では1軍昇格プランも現実味を帯びてくる。「早く上がりたいという気持ちはありますけど、焦って、ここまでやってきたのが狂うのも良くない」。足並みを乱すことなく、上昇する。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月18日のニュース