巨人3連勝!代打・陽岱鋼、千金勝ち越し打でマシソン緊急降板のチーム救った

[ 2019年6月18日 21:10 ]

交流戦   巨人4―3オリックス ( 2019年6月18日    東京D )

<巨・オ>8回1死二塁、勝ち越し適時二塁打を放ち、勢いよく走る陽(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人は3―3で迎えた8回に代打・陽岱鋼の適時二塁打で勝ち越しに成功。接戦を制して3連勝を飾り、交流戦5カード連続勝ち越しへ先勝した。

 防御率1・63(試合前)で12球団トップに立っていた好投手・山本を相手に、巨人は初回に先制。1死から坂本勇が右前打で出塁すると、続く丸が3球目フォークをバックスクリーン右へと叩き込む11号2ランを放った。3回1死では、岡本がカウント2―1からの149キロ直球を捉えてバックスクリーン右へ。2試合ぶりの13号ソロで3―0とリードを広げた。8回に同点とされるも、その裏に1死二塁から代打・陽が右翼の頭上を越える適時二塁打を放って4―3と勝ち越した。

 先発・今村は1、2回と先頭打者に安打を打たれるも併殺に仕留め、4回の味方の適時失策による1失点のみ。6回6安打1失点の好投も、今季2勝目はならなかった。7回は沢村が無失点に抑えたが、8回に3番手で登板したマシソンが足を痛めてわずか4球で降板。緊急登板した高木、田原が同点とされるも、直後に勝ち越しに成功すると9回は中川が締めた。勝利投手は田原で今季2勝目。

 オリックスは1―3の8回、2死から吉田正の左前打とロメロの四球で一、二塁とし、中川が2点二塁打を放って試合を振り出しに。しかしその裏に3番手・海田が踏ん張れず、引き分けをはさんだ連勝は3でストップした。

 先発の山本は3回までに2本塁打を浴びて3点を失ったが、その後は粘って6回8安打3失点の粘投。今季自己最多となる122球で7三振を奪う熱投も援護に恵まれなかった。吉田正は打っては3安打、守備では6回に重信のフェンス際への痛烈な打球に背走して飛びつく超ファインプレーを披露したが、勝利にはつながらなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月18日のニュース