中日、マル&ロドが雪辱 球団初の外国人3投手リレーで勝利

[ 2019年6月18日 05:30 ]

交流戦   中日5―4ロッテ ( 2019年6月17日    ZOZOマリン )

最後を締めたR・マルティネス(右)は武山とハイタッチ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 屈辱的な負け方をした前日が頭をよぎった。9回無死二、三塁を招いた中日のR・マルティネスは何とか切り抜けた。最後は鈴木を空振り三振に仕留め、喜びが爆発。9回途中から投げ、3失点した前日の雪辱を果たした守護神は「何とかチームの勝利に貢献できた」と安どした。

 前日にサヨナラ打を打たれた8回のロドリゲスも2死一、二塁で清田から三振を奪った。先発・ロメロも含め、外国人3投手での継投による勝利は球団初で、与田監督は「しっかり投げてくれた」と称えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月18日のニュース