西武ドラ1松本航 6回途中2失点でプロ2勝目権利 最速151キロ記録

[ 2019年6月16日 15:56 ]

交流戦   西武―ヤクルト ( 2019年6月16日    ットライフD )

<西・ヤ>西武先発の松本航(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 西武先発のドラフト1位右腕・松本航は5回2/3を6安打2失点。プロ2勝目の権利を手にしてマウンドを降りた。

 自身5試合目の登板。初回、いきなり山田哲に先頭打者本塁打を浴びる立ち上がりだった。

 2回には雄平の中前打、連続四球で無死満塁。しかしここで後続を抑えて無失点で踏ん張ると、5回まで4安打1失点に抑えた。

 6回には2死三塁から中村に左前適時打。続く山崎に四球を与えた場面で降板した。

 直球のMAXはプロ入り後最速となる151キロを計測。「今日は初回から強い真っすぐと変化球を、しっかり腕を振ってゾーンに投げることを意識した」と振り返った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月16日のニュース