日本ハム・金子3回途中6失点KO「感じが良かったので力任せにいってしまい…」

[ 2019年6月16日 05:30 ]

交流戦   日本ハム5-8巨人 ( 2019年6月15日    札幌D )

力投する先発の金子(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 日本ハムは0―8から3点差まで追い上げたが届かず、引き分けを挟んだ連勝が3でストップ。2位に転落した。

 先発で2連勝中だった金子が2回1/3で7安打6失点KO。特に初回は1死二塁での丸から3連続四球で押し出しとするなど苦しみ「感じが良かったので力任せにいってしまい、変化球のコントロール(の乱れ)につながった」と自己分析した。栗山監督は山口を攻略しきれなかった打線を含め「全体的に勝ちきれなかった」と語った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月16日のニュース