ソフトB先発・二保、6回途中2被弾で降板「2本とも失投。防ぐことができた」

[ 2019年6月16日 15:09 ]

交流戦   ソフトバンク―DeNA ( 2019年6月16日    ヤフオクD )

<ソ・D>6回2死、乙坂にソロを浴びる二保(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの先発・二保が2被弾で降板した。1―0の4回1死、DeNA宮崎に右翼テラス席への同点の9号ソロを運ばれた。6回2死からは、乙坂に1号ソロを左中間テラス席に打たれ、6回途中2失点でマウンドをあとにした。

 「調子自体は悪くなかった。ホームランは2本とも失投。防ぐことができた。先制点をもらったのにホームランで簡単に同点、逆転され、チームとリードしてくれた甲斐に申し訳ない」と反省が口を突いた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月16日のニュース