広島 打順入れ替えズバズバッ!西川龍馬勝ち越し打で3打点全て新打順から

[ 2019年6月16日 15:40 ]

交流戦   楽天―広島 ( 2019年6月16日    楽天生命パーク )

<楽・広>7回2死二塁、西川が勝ち越し適時打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 広島・西川龍馬外野手(24)は、同点の7回2死二塁で、2ストライクからボール気味の外角低めのチェンジアップを左前適時打として、勝ち越しに成功した。

 「打ったのはチェンジアップ。どんな形でもランナーを還したかったので、何とか還すことができてよかったです」

 7番に降格したバティスタが2本の同点打で2打点。そして、3月30日の巨人戦以来、3番に昇格した西川が勝ち越し打。7回までの3得点は、打順を入れ替えた2人が叩きだして、打順入れ替えが奏功した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月16日のニュース