巨人・菅野 リーグトップタイの7勝!初回4連打3失点も2回以降は無失点

[ 2019年6月16日 17:20 ]

交流戦   巨人7―3日本ハム ( 2019年6月16日    札幌D )

<日・巨3>巨人先発・菅野(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人が7―3で日本ハムに連勝し、交流戦4カード連続勝ち越し。先発の菅野は初回に3失点も、その後は尻上がりに調子を上げて7回3失点でリーグトップタイの7勝目を挙げた。

 菅野は初回に日本ハム1番西川から4番中田に4連打を浴びるなど3失点と厳しい立ち上がり。だが、2回表に味方打線が5点を奪い逆転すると、エースは本来の姿を取り戻し、スコアボードにゼロを並べた。

 初回は5安打も、2回以降に許した安打は1本のみ。菅野は7回107球を投げ5奪三振3失点でマウンドを降りた。その後はマシソン、中川がリードを守った。

 打線は3点ビハインドの2回に9番炭谷の同点打や2番坂本勇の勝ち越し2点適時打で逆転。4回、5回に加点しリードを広げた。第2打席で勝ち越し打を放った坂本勇は4回2死三塁の第3打席で、カウント3―0から四球を選び出塁すると、代走に山本が送られ途中交代した。

 日本ハムは初回に4連打で3点先制したが、先発の杉浦が巨人打線につかまり逆転を許した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月16日のニュース