オリックス・宮内オーナー「負けに等しい」 守護神・増井は2軍再調整へ

[ 2019年6月16日 21:24 ]

交流戦   オリックス5―5阪神 ( 2019年6月16日    京セラD )

<オ・神>9回に登板するも同点にされ降板する増井(手前) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 オリックスは4連勝が目前だった9回、増井が2死から同点打を浴びた。優勢だった延長戦でもあと一本が出ず、観戦に訪れた宮内オーナーも「負けに等しい」と悔しい表情を浮かべた。

 阪神との“関西ダービー”は2勝1分け。それでも「チームが(パ・リーグ)最下位ということが僕としては関心事」と不満をあらわにした。

 増井は「思うように体を動かせなかった。疲れだと思う」と苦渋に満ちた顔で話し、2軍での再調整が決まったことを明らかにした。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月16日のニュース