明大が38年ぶりの日本一へ王手 2番手・伊勢が最速更新の好投

[ 2019年6月16日 15:00 ]

全日本大学野球選手権大会第5日 準決勝   明大5―1東農大北海道オホーツク ( 2019年6月16日    神宮 )

 明大が伊勢大夢(4年=九州学院)の力投で東農大北海道を振り切り、決勝に進出した。

 先発の竹田祐(2年=履正社)が初回にソロアーチを浴び、2回もピンチを招くなど不安定な投球。3回からは伊勢をマウンドに送り出した。これが大正解。MAXを1キロ更新する151キロのストレートに変化球を交え8回までノーヒット。9回に1安打を許したが、ほぼ完ぺきな投球で今大会2勝目を挙げた。

 攻撃陣は春の首位打者・添田真海(4年=作新学院)が調子を落とし打線につながりがない中、8回2番の丸山和郁(2年=前橋育英)が二塁打と暴投で勝ち越しのホームイン。その後も喜多真吾(4年=広陵)のバックスクリーンへの2ランなどで一挙4点を奪った。

 「伊勢は珍しくいいピッチングをしてくれたね。ボールの質もよかったんじゃないかな。タイブレークになったらマサト(森下)を行かせるつもりだったが、打線がやっとつながってくれた」

 善波達也監督は決勝進出を決めて笑みを浮かべた。1981年、現阪神二軍監督の平田勝男主将の元で優勝して以来春の日本一から遠ざかっている。「優勝のチャンスをいただいた。あすは9回を終わって1点勝ってたらうれしいな」と、エース森下を立てて必勝を期す。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月16日のニュース