西武・栗山 試合に出なくても“ファインプレー” 辻監督も「いい仕事をしたな!」

[ 2019年6月16日 17:38 ]

交流戦   西武10―6ヤクルト ( 2019年6月16日    メットライフD )

西武の公式キャラクター「レオ」の人形
Photo By スポニチ

 試合には出場しなかった西武・栗山の「ファインプレー」が飛び出した。

 6回2死の場面。打席の外崎が打ったファウルが、三塁ベンチに置かれていたマスコット・レオのぬいぐるみ人形をツーバウンドで直撃した。

 ボールが当たって、台から倒れ落ちそうになるのを…。すぐそばにいた栗山がすかさずキャッチ。そのまま台に戻すと、自ら「セーフ」と両手を広げた。

 「(打球が当たって)ビックリしましたよ。(キャッチしたのは)人形のそばにいたんでね」と栗山。このレオ人形、辻監督が試合の前に毛並みを整えて必勝を祈願する大事な存在。指揮官は「クリ(栗山)には“いい仕事をしたな!”と言ったんだよ」と「好プレー」を称えていた。

 その後には、駒月がレオ人形の頭にヘルメットを乗せる安全対策。無事、ベンチから勝利の瞬間を見届けた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月16日のニュース