19打席連続安打なしの広島・野間、脱不振へ野村氏熱血指導 下半身入念に確認

[ 2019年6月16日 05:30 ]

野間(左)にアドバイスする野村氏(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 打撃不振の広島・野間が雨天中止決定後、前監督の野村謙二郎氏(スポニチ本紙評論家)から身ぶり手ぶりで指導を受けた。

 19打席連続で安打がない。室内練習場で打撃を見てもらい「しっかり自分のスイング、強く振れるところがあるかどうか。軸足が死んでしまうとバットに(力が)伝わらない」と下半身の使い方を入念に確認していた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月16日のニュース