夏の甲子園地方大会 東西東京、愛知の組み合わせ決定

[ 2019年6月16日 05:30 ]

 第101回全国高校野球選手権(8月6日から16日間、甲子園)の東西東京大会組み合わせ抽選会が15日、行われた。日本ハム・清宮幸太郎内野手(20)の弟で、早実1年の福太郎が内野手で登録されたことが分かり、高校公式戦デビューに注目が集まる。また、愛知大会の組み合わせも決まった。

 《東東京展望》混戦模様。連覇を狙う二松学舎大付は昨夏メンバーの大半が残り経験豊富。関東第一は土屋、谷の2枚看板で3年ぶりV目指す。帝京は内野手・小松を中心に8年ぶりの制覇狙う。岩倉は坂本、宮里と左右の好投手を擁する。好左腕・細野擁する東亜学園、都小山台も侮れない。

 《西東京展望》好左腕・中村晃と強肩の捕手・小山擁する春の関東大会準Vの東海大菅生、ドラフト候補右腕コンビの井上と広沢擁する日大三が軸の展開か。春夏連続出場目指す国士舘、強打が武器の国学院久我山をはじめ好投手・伊藤擁する早実が追う。工学院大付の1メートル87の長身右腕・渡辺も注目。

 《愛知展望》ノーシードながら今春選抜優勝の東邦が中心になる。今秋ドラフト候補の石川をはじめ攻撃力は全国でも屈指。総合力の高い中京大中京、享栄、愛工大名電が続く。春季県大会Vの中部大第一はエース磯貝の奮闘が鍵握る。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月16日のニュース