ソフトB守護神・森が右上腕の張りで抹消 工藤監督「あいつが違和感というのは…」

[ 2019年6月16日 11:34 ]

<ソ・D3>抹消され記者の質問に答える森(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの守護神・森唯斗投手が16日、出場選手登録を抹消された。工藤監督は「上腕部の張りというか違和感。大事をとって。あいつが違和感というのは珍しいこと」と話した。

 森は昨季、デニス・サファテ投手に代わり、新守護神として37セーブを挙げ、セーブ王のタイトルを獲得。今季もここまで19セーブをマークしていた。

 「誰ということではなく、みんなでカバーしていこうと話をしている」と指揮官。代わりに加治屋蓮投手が昇格した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月16日のニュース