巨人・山口、スライダー切れ切れ 8回2失点6勝目も「完投したかった」

[ 2019年6月16日 05:30 ]

交流戦   巨人8-5日本ハム ( 2019年6月15日    札幌D )

ジャビットとファンの声援に応える山口(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・山口が8回4安打2失点で6勝目を挙げた。「(小林)誠司と話して球種を増やしていこうと。真っすぐ、フォークのイメージが強いでしょうからスライダーでカウントが取れれば」とスライダーを増やした。初回、2回と得点圏のピンチを切り抜けると、リズムに乗った。序盤のスライダーの多投が生き、3回2死の3番・近藤から6番・渡辺まで4者連続フォークで空振り三振に斬った。

 7、8回に失策が絡み1点ずつ失ったが、自責点は0。宮本投手総合コーチは「8回まで投げきってくれた。安定感がありました」と評価した。それでも山口は「完投したかったです。次は初回からしっかりいければいい」と満足せず、次回への課題を掲げた。(岡村 幸治)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月16日のニュース