広島 またバティスタ!7番降格に発奮、同点タイムリー

[ 2019年6月16日 15:14 ]

交流戦   楽天―広島 ( 2019年6月16日    楽天生命パーク )

<楽・広>6回2死三塁、バティスタが同点適時二塁打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 広島のサビエル・バティスタ外野手(27)は、1点劣勢の6回2死二塁で、カウント3―1からのチェンジアップを左翼超えの適時打二塁打として同点に追いついた。

 「打ったのはチェンジアップ。チャンスだったのでランナーを還すことだけを心がけて打席に入りました。前のポイントでしっかり捉えることができました」

 4月28日のヤクルト戦以来、3番から外れて7番に降格した一戦。交流戦打率・205と不振から一転、この日2本目の適時打で復調をアピールした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月16日のニュース