バレ、17日DeNA戦で1軍復帰も 14日2軍戦で実戦復帰へ

[ 2019年5月14日 05:30 ]

ヤクルトのバレンティン(撮影・西海健太郎)   
Photo By スポニチ

 上半身のコンディション不良で離脱しているヤクルトのバレンティンが17日からのDeNA戦で1軍に復帰する可能性が出てきた。小川監督は14日からのイースタン・リーグの楽天戦で実戦復帰することを明かし「(守備も)全部OKではないけど(1軍復帰は)近々」と話した。

 バレンティンは3日に出場選手登録を抹消されたが、それまで29試合で打率.284、8本塁打、29打点と好成績を残していた。当面は代打待機となる可能性もあるが、相手ベンチに強力な重圧を与えることになる。左手親指骨折の坂口は既に2軍戦で復帰。前日の巨人戦を欠場した体調不良の青木、上半身のコンディション不良の山田哲も14日から2連戦を行う広島遠征に同行しており、主力の大量復帰となれば1ゲーム差の首位・巨人追い上げも勢いを増す。(黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月14日のニュース