雄星3勝目ならず 7回途中3失点で降板 ノーヒッターとの投げ合いもソロ3被弾 

[ 2019年5月14日 13:07 ]

ア・リーグ   マリナーズ―アスレチックス ( 2019年5月13日    シアトル )

アスレチックス戦に先発したマリナーズの菊池(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池雄星投手(27)が13日(日本時間14日)、本拠地シアトルでのアスレチックス戦に先発し、6回0/3回を投げ、5安打3失点で降板。3勝目はならなかった。

 メジャー節目となる今季10度目の先発マウンド。初回、1死から2四球で走者をためながらも、後続を打ち取って無失点での立ち上がり。ハニガーの先頭打者弾で打線が1点を先取して迎えた2回、この回先頭のキャンハに左越えソロを許し、同点に追いつかれた。

 それでも、3回は先頭のピンダーに左前打を浴びたものの、3番チャプマンから3者連続三振を奪うと、4回は7球、5回は6球で3者凡退に抑えた。

 前試合で無安打無得点試合を達成した相手先発・ファイヤーズとの息詰まる投手戦を展開。しかし1-1で迎えた6回、1死から4番デービスに左越えソロを浴び、勝ち越しを許すと、7回の先頭のオルソンにもソロ本塁打を被弾しここで降板。6回0/3、93球を投げ、5安打3失点、5奪三振2四球だった。

 菊池は前回登板となった8日の敵地でのヤンキース戦は、メジャー自己最長の7回2/3を投げ、3安打1失点1奪三振と好投。今季2勝目(1敗)を挙げていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月14日のニュース