【14日のファーム情報】ロッテ リーグ単独首位に浮上 安田がリーグ単独トップの6号

[ 2019年5月14日 18:37 ]

 プロ野球のファームは14日、イースタン・リーグの巨人―DeNA戦(ジャイアンツ)、ウエスタン・リーグの中日―広島戦(ナゴヤ)が雨天中止。両リーグで3試合が行われた。

 ロッテは日本ハム戦(鎌ケ谷)に8―1。リーグ単独首位に浮上した。平沢が5回に2号ソロ、安田が6回にリーグ単独トップの6号2ランを放った。茶谷も8回に2号3ラン。先発・土肥は6回4安打1失点でリーグ単独トップの6勝目(1敗)。日本ハムは横尾が4回に1号ソロ。右手有鉤骨骨折から実戦復帰の清宮は2打数ノーヒットだった。先発・田中瑛は5回4安打1失点。

 楽天はヤクルト戦(森林どり泉)に6―2。先発・塩見が7回6安打2失点(自責0)で1勝目。ドラフト6位・渡辺佳が3安打2打点、内田が3安打1打点だった。ヤクルト先発のドラフト1位・清水は3回0/3を6安打5失点(自責4)でリーグワーストの5敗目(2勝)。

 阪神はソフトバンク戦(タマスタ筑後)に9―1。8回に7安打を集中して8点を奪った。2番・熊谷が3安打3打点。先発・ガルシアが7回6安打無失点で2勝目。ソフトバンク先発・和田は5回2/3を5安打1失点(自責0)で2敗目を喫した。自律神経失調症からの復帰を目指す中村晃は「1番・左翼」で出場して4打数2安打。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月14日のニュース