ソフトバンク3年目・古谷 日本球界左腕最速160キロマーク!

[ 2019年5月5日 21:46 ]

ソフトバンクの古谷
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの古谷優人投手(20)が5日、香川・レクザムスタジアムで行われた四国IL・香川との3軍戦で、日本球界左腕最速の160キロをマークした。

 古谷は7回のマウンドに上がると、先頭・クリスの2球目に159キロをマーク。そして2死一塁から5番・白方への初球が160キロを計測した。このボールを左翼線二塁打された。目撃した関係者によると、「その瞬間はスタンドが沸いた」という。さらに6番・素川の4球目も160キロと、計2球記録した。

 古谷は16年ドラフト2位で江陵から入団。ここまで1軍登板はない。

 日本球界の左腕では、西武・菊池(現マリナーズ)が158キロ。昨年9月には左腕で歴代最速となる中日・ロドリゲスが159キロをマークしていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月5日のニュース