法大・安本、4戦連発4号 17年秋の岩見以来 敗戦に笑顔なし

[ 2019年5月5日 05:30 ]

東京六大学野球 第4週第1日   法大2―3立大 ( 2019年5月4日    神宮 )

 法大の安本が6回、田中誠の変化球を左翼席に運び、17年秋の岩見(慶大=5試合連続、現楽天)以来となる4試合連続本塁打となった。

 「チェンジアップ。まさか入るとは思わなかった」と安本。平成、令和の元号をまたいで連続試合アーチとなったが、チームは敗れただけに「最悪、僕が打てなくてもチームが勝てばいい。(今後も)本塁打は意識せず打席に集中します」と笑顔はなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月5日のニュース