西武・秋山、先制弾 「ひとり親家庭の親子」を招待「親子の前で打ててとてもうれしい」

[ 2019年5月5日 15:01 ]

パ・リーグ   西武―楽天 ( 2019年5月5日    メットライフドーム )

<西・楽>初回2死、秋山が右越えにホームランを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・秋山翔吾外野手(31)が初回2死から右翼席へ先制の5号ソロを放った。「真っ直ぐ。今井がいい立ち上がりをしたので、先に点を取れて良かった」とコメントした。

 試合前には14組39人の家族に、スタンドでサイン会と記念撮影会を行った。15年から続けてきた社会貢献活動「ひとり親家庭の親子」として招待したのだ。「きょう、ドームにきている親子の前で打ててとてもうれしいです」。

 昨季招待した試合の成績は17打数7安打2打点打率4割1分1厘と好成績を収めている。

 この日も先制弾の後は右前打、右翼線二塁打と猛打賞まで達成した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月5日のニュース