DeNA・中井 今季初の1番で4回同点打「しぶとくいこうと心掛けて」

[ 2019年5月5日 16:03 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年5月5日    甲子園 )

<神・D>4回2死二塁、中井は右前適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 今季初めて1番に座った中井が同点適時打を放った。

 左腕の高橋遥対策として、巨人時代の昨年4月4日以来の1番で先発出場。1―2の4回2死二塁。2球で追い込まれながら3球目の変化球に合わせて右前へ運んだ。「簡単に追い込まれてしまったので、しぶとくいこうと心掛けていました。浮いてきた変化球をうまく捉えることができました」と安どした。

 2回には相手の3失策などでノーヒットながら1点を先制。しかし直後の2回に先発の京山が先頭への四球を機に2点を失い逆転されていた。2連敗中のチームに嫌なムードが漂ったが、中井のバットで試合を振り出しに戻した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月5日のニュース