オリ新助っ人メネセス抹消 右手に痛み

[ 2019年5月5日 12:28 ]

 オリックスの新外国人ジョーイ・メネセス内野手が5日、右手の痛みで出場選手登録を抹消された。メネセスは前日4日のソフトバンク戦の最終打席で右手に痛みを感じたため、5日に福岡市内の病院で検査を受けた結果、「右手第2伸筋腱周囲炎」と診断されたもの。西村監督は「痛みがあるというので、一度抹消することにした」と説明した。

 来日1年目のメネセスは、開幕から主に中軸を任されるなど、ここまで29試合に出場していたが、打率・206、4本塁打、14打点と状態は良くなかった。前日にKOされた成瀬も抹消されて、代わってマレーロと白崎が2軍から昇格した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月5日のニュース