阪神 メッセ着用「I'm Finally 日本人」Tシャツが即完売

[ 2019年5月5日 12:21 ]

<神・D>ちびっ子とお立ち台でポーズを決めるメッセンジャー(左端)と福留(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 前日4日のDeNA戦(甲子園)で2年ぶりの完投勝利を挙げた阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が、試合後のヒーローインタビューで着用していたTシャツが入手困難となっていることが判明した。

 黒地に黄色の文字で「I'm Finally 日本人」とプリントされたオリジナルTシャツは今年から発売。昨年、念願だった国内フリーエージェント(FA)権を取得して今季から外国人枠を外れて“日本人”扱いとなることを記念して作製され、メッセンジャーはキャンプ中も着用するなどお気に入りの一品だ。昨日は本人だけでなく、お立ち台で共演した福留、栗山通訳、球団トレーナーも揃って着用して一体感を高めていた。

 そんな光景を見た多くのファンが、帰り際に甲子園球場に隣接するグッズショップに殺到し、用意されていた数十着は一瞬にして完売。グッズ担当者も「フリーサイズの1種類のみのTシャツがあれだけ売れるのは珍しいことです。本当に即完売でした」と目を丸くする。

 現在は、品切れ状態となっているが虎党の皆さまはご安心を。次回の甲子園開催となる10日の中日戦からは商品が補充されることが決定。助っ人右腕は、予定通りなら11日の同戦に登板予定で同担当者は「是非、試合前にTシャツを着て、メッセンジャー選手に声援を送って欲しい」と願った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月5日のニュース