広島・会沢 さすがの勝負強さで4回勝ち越し打 4戦連続打点マーク

[ 2019年5月5日 15:17 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2019年5月5日    マツダ )

<広・巨>4回2死三塁、勝ち越し適時打を放ち、手を叩く会沢(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島・会沢翼捕手(31)は、同点の4回2死三塁で、山口から中前適時打を放ち、勝ち越しに成功した。

 「打ったのはフォーク。何とか食らいついていった。うまく拾うことができた」

 これで、4試合連続打点。試合前打率は・274の一方で、得点圏打率は・364に跳ね上がる勝負強さをこの日も発揮した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月5日のニュース