侍・稲葉監督、西武・外崎を絶賛「どこでも守れるのが強み」

[ 2019年2月7日 05:30 ]

逆手の握りでティー打撃する外崎(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉監督は午前中に西武のキャンプを視察。3月のメキシコ戦のメンバー候補に挙がる外崎について「どこでも守れるのが1番の強み。ユーティリティーというのは大事なポジション。チームにいてくれるとありがたい選手」と絶賛した。

 東京五輪の選手登録は24人と少なく、内外野を守れ、走塁技術も高い外崎は欠かせない存在だ。メキシコ戦では、西武から外崎のほか、源田のメンバー入りも予想される。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月7日のニュース