ヤクルト“最後の男”ドラ8・吉田 紅白戦で堂々2安打デビュー!

[ 2019年2月7日 14:39 ]

ヤクルト・春季キャンプ ( 2019年2月7日 )

 ヤクルトのドラフト8位・吉田大成内野手(明治安田生命)が7日の紅白戦(浦添)で実戦デビューを2安打で飾った。「8番・二塁」でフル出場し、2回2死から右前打を放つと、6回1死でも右翼線二塁打をマークした。

 「第1クールでやってきたことを出そうとして試合に入りました。打席では初球からフルスイングをしようとした。結果が出て良かったです」

 ドラフト会議では、支配下登録83選手の中で最後に指名された男だが、走攻守の三拍子をそろえた即戦力として期待されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース