オリックス・増井「150S&150H」視野 達成ならプロ野球史上初

[ 2019年2月7日 09:00 ]

増井浩俊ピッチング(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 【オリックス・注目の記録】オリックス・増井は通算150セーブにあと5。昨年はリーグ2位の35セーブを挙げており、今季は40セーブの大台を狙いたい。増井は12年にリーグ最多の45ホールドを記録。シーズン40セーブと40ホールドを達成したのは藤川(神=07年46S、11年41S、05年46H)と平野佳寿(オ=14年40S、11年43H)だけ。増井がクリアすれば史上3人目になる。

 通算ホールドは138。昨年9ホールドの実績もあり150ホールドが視野に入る。過去に「150セーブ&150ホールド」はいない。増井にプロ野球初の記録がかかる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月7日のニュース